リフォームローン金利ランキングで一番いい条件で契約

リフォームローンでいくら借りられるかというのは

リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額はわずか1/10です。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円以内がほとんどです。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

無理のない返済額に応じた借入額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

比較的手軽に借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても借りられるリフォームローンです。

保証人を確保しなくても借りられるので手軽に利用出来るリフォームローンと言えるでしょう。

一方で、借入期間の短さや金利の高さ、限度額の低さなど担保型に比較してデメリットを感じる部分も多くあります。

無担型ローンをお勧めする場合は小規模なリフォームを行う時になります。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く比較的審査に通りやすいようです。

リフォームローンに落ちた人はその原因を丁寧に分析することが大切です。

まず、落ちた理由として考えられることは借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった諸問題が影響したのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であるなどカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

これらを整理することが審査に受かる第一歩となります。

リフォームローン金利比較をするのであれば評判の良い比較サイトを利用すると良いでしょう。

比較サイトであればいくつもの金融機関がまとめて掲載されていますし、限度額や借入れ条件が分かりやすく紹介されています。

金利や審査時間など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

比較サイトによっては金融機関へのリンクが貼ってありますので検索する必要がありません。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要で自宅で申し込めるローンが増えています。

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、金融機関に申告したり返金する必要性はあるのでしょうか?融資される金額は業者の見積書などによって決定するため余剰が出るケースは稀ですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。

片や、建設業界では追加費用が発生しても補えるように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。

また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、いくらか多めに上乗せ融資をしたらどうかと勧めてくることがあるようです。

融資を受けたのにリフォームをしなかったという事でもない限り、最終的に完済されれば問題はありませんし、そのまま放置していても構わないようですが余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

リフォームローンの金利というものは金融機関によって異なります。

低金利の場合1%台からありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

金利体系については2種類あり変動と固定という2つの金利体系があります。

変動金利のメリットとして金利が低いというのがありますが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

その点、固定金利であれば完済まで金利が変わることのない安心感はありますが、元々金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても自分は高い金利のまま返済をしなければならないというリスクもあります。

知っていましたか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保のあるなしでも金利は変化し近々では有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利タイプを大きく分けると2種類あり変動金利型と固定金利型があります。

変動金利型は市場金利に伴って6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の上下に関わらず、金利が一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで金利が継続される長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利になり満期を迎えるごとに長期型か変動型かを選択するという固定金利選択型があります。

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが

高評価な金融業者が当たりとは限りません。

低金利なローンであれば多くの人が希望するのは必然ですので審査基準が厳しいという傾向にあります。

審査が厳しいが故に多くの人が審査落ちしその腹いせに悪い口コミが増えるということは多くあるのです。

ですから、口コミに流されてローンを選んでいると自分の条件に合った商品を見落とすかもしれないのです。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなくどのような理由でその評価を付けたのかという理由をきちんと分析しなければいけません。

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税は住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になります。

減税の対象となるリフォーム工事についてですが全てのリフォーム工事で対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超えた場合にのみ適用されるというものです。

減税申請する申請者についても要件があり年収は3000万円以下で返済期間が10年以上という条件のほか、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなども必須条件となっています。

しかも減税は自己申告制になっているので、入居した翌年に確定申告しなければ減税制度を受けられません。

リフォームローンの金利についてですが金融機関によって様々です。

低い金利は1%台からありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

2種類の金利体系があり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の動向に左右されるため金利が高くなるリスクがあります。

その点、固定金利は完済されるまで金利が変わらないという安心感はありますが、元々の金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利維持し続けて返済を続けるリスクもあります。

楽天のリフォームローンといえばフラット35(リフォーム一体型)というリフォームローンがあります。

住宅を購入するための資金とリフォーム工事用の資金を合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベが販売開始になりました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

ただし注意があります。

工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はNGとなっています。

なるべく低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには担保形と無担保型があり借入期間や借入可能額、金利相場に違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型は期間は最長35年で上限金額は1000万円から1億円になり長期的なローンを組むことが可能となります。

金利は長期借入の方が低金利になるので無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。

口コミで評判の高いアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

金利に関しましては短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

パソコンやスマホで申し込みが可能なことや担保・保証人が必要ありませんので小規模なリフォームでの利用が適しています。

返済シミュレーションも条件を細かく設定できるので、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。

リフォームローンでシミュレーションがあるのをご存知ですか?シミュレーションは金融業者のHPで試算できます。

検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると複数の検索結果が表示されますので、上位のサイトへアクセスしましょう。

返済期間や借入希望額を入力すると月々の返済額などが一瞬で計算されます。

個人情報を登録せず利用できるので安心して利用することができます。

返済額の計算は素人では難しいので折角の機能を存分に使わせてもらいましょう。