フレッツ光プロバイダー東日本と西日本の違い

フレッツ光のプロバイダーを選ぶ時には、東日本と西日本ではサービスが異なることになるのです。

ちなみにフレッツ光のプロバイダーを選ぶ時に東日本に該当する人というのは、北海道と東北地方の人達と、群馬、栃木、茨城、埼玉、東京、神奈川、千葉の関東の人達と、新潟、長野、山梨までの17の都道県の人達が東日本ということになるのです。

そしてそれ以外の30府県の人達が西日本ということになるのです。

フレッツ光を開設する場合には東日本に該当する人達はNTT東日本へ申し込みを行い、それ以外の西日本の人達はNTT西日本への申し込みを行うことになります。

NTT東日本もNTT西日本も同じNTTの系列であることに間違いはなのですが、これらは全くの別会社ということになっているのです。

さらにフレッツ光のサービスもサービスや種類は同じだとしても、取り扱うネットワーク網の張り方や通信機器などは異なり、サービス内容もそれぞれが独自のものを利用していることになるのです。

そのために東日本から西日本、または西日本から東日本へ引っ越しを行う際にはそれぞれのサービスや料金が異なることもあるので、十分な注意が必要になるのです。

フレッツ光のプロバイダーを選ぶ時にも東日本と西日本では基本料金からして異なってくるので、今までと同じ料金で契約しようと思っても思い通りにはいかなくなるのです。

さらにサポートサービスに関しても東日本と西日本では違いがあるので、きちんと確認するようにして下さい。

こちらのサイトもご参考に!

プロバイダー契約おすすめはどこ?【損をしない為の選び方って?】

【サイトから引用】
~おすすめプロバイダーを選ぶ際には、どんなサービスがあるのか、どれくらいの速度が出るのかといった技術面に注意が向きがちになりますが、忘れてならない要素が価格です。
基本的には通信速度が速ければ速いほど価格も高くなり、付加的なサービスが加われば追加料金もかかることになるでしょう。ですから、そのサービスからどれくらいのメリットを得られるか、価格がそれに見合っているかの検討が重要となってくるのです。~

プロバイダー選びは結構難しそうですね。このサイトには選び方のコツはもちろん、おすすめのプロバイダー会社も紹介されていますので、プロバイダーをどこにしようか考えている方は、ぜひご検討ください。

Contents

HOME

光インターネット

光プロバイダの紹介

↑ページの上部へ戻る

Copyright(c)フレッツ光の速度を測定!光は早い?. All rights reserved.