光インターネットの普及率をご存知ですか?

近年の日本におけるインターネット環境のインフラは充実を見せており、光インターネットの普及率においては75%を優に超え、世界で15位にランクインしています。

また、2010年の統計調査によると、世界の光インターネットユーザーはおよそ18億人で、普及率は26%から27%に達しており、国別の光インターネットの普及率では、北米を中心としたアメリカが依然高く、次いでオーストラリア、ヨーロッパ諸国と続いています。

日本では、ブロードバンド時代の到来を機にADSLから光回線への移行が進み始めていることから、光インターネットの普及率に拍車が掛かっており、光回線を利用した通信方法によるインターネットのメリットによるものが大きいと言っても過言ではないのです。

光インターネットを既存のADSLと比較しても大差が見られ、ADSLではNTTの中継基地局からの距離の違いによって通信速度に優劣が生じることから、中継基地局から離れたところでインターネットを楽しむ人にとっては不利となってしまうのです。

そのため、安定した通信条件を得るのであれば光回線の方が断然有利で、光回線の通信速度を利用すれば通信時間の節約にもつながります。

また、数年前までは光インターネットの利用料金は、かなりの割高と言うイメージがありましたが、最近のアパートやマンションなどの集合住宅においては、光回線を共有することができるため、リーズナブルな料金での利用が可能となっています。

光インターネットの普及率向上に力を注いでいる通信会社が数多い近畿エリアでは、各通信会社が低コストで利用が可能な光回線のPRに躍起となっており、その中においてもNTT西日本と、電力会社系列のインターネットサービスプロバイダーの間でシェア獲得のための競争が激化しています。

それが功を奏し、関西エリアにおける光インターネットの普及率では滋賀県が全国1位で、3位と4位に京都府と大阪府がその座についているのです。

さらに、NTT西日本では、光インターネットを楽しみながら、同時に地デジ放送も視聴できるフレッツテレビと称するサービス提供のエリア拡大を急務としており、光回線を活用したさまざまなサービスに、豊かなバリエーションを与えるきっかけづくりを伺うことができます。

プロバイダ関連サイト

プロバイダー料金比較!どこが安い?【フレッツ光最安は?】
http://xn--eckwc2b1a4i1dx728bp69c.skr.jp/
プロバイダーはどうやって選べば後悔しないか、月額の相場っていくらぐらい?また、料金が安い順で選んだプロバイダーランキングを紹介。ネットって実はこんなに安く利用できたんです!

Contents

HOME

光インターネット

光プロバイダの紹介

↑ページの上部へ戻る

Copyright(c)フレッツ光の速度を測定!光は早い?. All rights reserved.