セントラル短資は安全なの?

FXは、あらかじめ振り込んだ証拠金の数十倍の金額で取引が実行できるレバレッジという仕掛けがあります。
レバレッジを使用すれば高額の収益を得られる場合もありますが、反対に失敗したケースでは多額の損失が出るケースがあり、この点がデメリットだと言えます。
損失が証拠金を超過した場合、さらに不足した金額を支払う必要があります。
FXはレートが上がることにより利益となって、レートが下がることで損失になります。
そのため、シンプルに考えるとFXでの勝率はすなわち50パーセントといえます。
ですが、実際の勝率はどうかというと、5?10パーセント程度というところでしょう。
勝率が高くない理由として、レートが変動しない状況もあることが挙げられます。
FX投資で負けが大きくなってしまうと、その負けを取り返そうといっぱいお金を使ってしまう人も多いと思います。
そうなってしまうと、大きな損失を生む可能性が多いので、FX口座には目的以外のお金を入っていない状態にしておきましょう。
これは口座に貯金のお金が入ってしまっていると、まだ余裕があるから大丈夫だと思いつぎ込んでしまう事があるからです。
FX投資をして得た利益は課税対象ですから確定申告をしなければなりませんが、年間を通して、利益を出せなかったならしなくてもいいです。
しかし、FX投資を続けるなら、利益が出なかったケースでも確定申告をするのがおすすめです。
確定申告をしておいたら、損失の繰越控除が使えるので、最も長くて3年間、損益を通算できます。