転職するには時期を選ぶべき?

どんな転職の理由がよいかというと、はじめに、本当に転職する気になった理由を思考してください。
誰かに見せるためではないので、嘘はつかずに紙に書き出しましょう。
そして、それがネガティブに受け取られないように表現の仕方を変えてみてください。
なぜ転職するのかの説明ばかりだと言い訳がましい印象を持たれてしまうので、手短に説明しましょう。
賞与を貰ってから転職をした方が収入も増加しますし、いいと思います。
退職するのはボーナス月が良い時期だとお考えの方も多いように見受けられますが、その日が来る前に転職する会社を決めておいた方が効率的でしょう。
一番オススメしたいのは、ボーナスをもらった月に退職し、その後、すぐに転職先に就けるように行動することです。
正社員に受からない理由は、本人の態度にあるのではないでしょうか。
その企業で働いてどんなことを達成したいのか、どんな風になりたいかが明確に決まっていないため、志望理由が具体的ではなく、面接もイマイチになるのでしょう。
反対に、やりたいと強く思える仕事が見つかって、情熱が伝われば学歴も影響するかもしれませんが、正社員として合格する確率は、アップすると考えます。
会社を辞めた後、のんびりと時間が過ぎていただけだったり、失業保険をもらうだけで、特に就職活動などもしていなかったりすると、無職の期間が長ければ長いほど、転職の時に不利になります。
できることなら、面接官が納得できるような理由を述べられるようにしておくと良いです。